Ac-10. ところかずら

Ac-10. ところかづら・冬薯蕷葛

真辟葛・マサキカヅラ「ツルマサキ」

漢語 蔓柾木・辟茘

【万葉集記載】

07–1133 以上 1

() 07-1133

吉野にて作る。

皇祖神之 神宮人 冬薯蕷葛 弥常敷尓 吾反将見

皇祖神すめろぎのかみの 神の宮人 冬薯蕷葛ところつら いや常とこしくに われかへり見む

註釈:

皇祖神=天皇家の祖先

神の宮人=神に仕える人々。

冬薯蕷葛=トコロの蔓 和名抄荷「味苦少甘、無毒。焼蒸充粮」とあり、古代では主食であった。

常しく=永久に。

概説

頭掲の歌の主題は、冬薯蕷葛である。これは、現在の植物学でヤマノイモ科に分類されているオニドコロ(トコロ) Dioscorea takoro Makino であり、その根茎は、多少苦いけれども食用になる。蔓は長く伸び可撓性であるので、物を包縛に使用できる。冬蔚薯蕷葛は万葉集09-1809”菟原処女の墓を見る歌“にも見える、

歌にあるのはトコロカズラ(トコロズラ)であるが、ここに解説するのはマサキノカズラである。それは、”とこ”を導く導詞として使われているのであるが、常トコとは常緑を意味するものであるから、冬に枯れてしまうトコロズラは適切でないということで、これはマサキノカズラを当てるものだということである。筆者は必ずしもこの説を頷肯するわけでないが、本書は万葉植物を網羅するという趣旨から、この件を無視するわけにゆかない。

ところで、マサキノカズラは真辟葛(真栄葛・真析葛)という植物は確かに存在し、しかも日本の古文に頻繁に登場する。

<古事記>

天宇受売命、手次繋天之香具山天之日影而、為天之真析而、手草結天香具山之小笹葉而…、

<古語捨遺>

天細女命 以真辟葛為鬘 巧作俳優相与歌舞

<神代記 上28>

亦以香具山之眞坂樹鬘以蘿為手繦

<日本書紀>

継体七年九月歌謡 麾左棄厨羅 手抱

<日本書紀継体>

七年九月、勾大皇子 親聘春日皇女 口唱曰、伊慕我提鳴、倭例爾魔柯施毎、倭我提鳴磨、伊慕爾魔柯施毎 磨左棄逗羅、多多企阿蔵播梨

<仁徳紀>

三十年十一月 都怒 瑳赴 磐之媛

<古語捨遺 上>

天細女命 以真僻葛為鬘

<外宮儀式帳>

真佐支之鬘

<造酒式 践祖祚供神料>

真析葛、日張山孫組各三組

「まさきのかずら」は日本では神代の昔から見える。辞書で「まさきかずら」を古文的に繰ってみると、真析葛は定家葛・日蔭葛とも言っていたらしい。

<ベネツセ古語辞典>

真析の葛・柾木の葛 つる草の一種。ていかかずらの古名とも、鶴間崎の古名とも、古代は神事に用いた。

<日本古語全集>

まさきのかずら 柾葛 植物のテイカカズラ叉はツルマサキ

<大言海>

真析葛「真幸の義 常緑んるを云う、或いは云う真析を析きて鬘とす義と」亦マサキ・マサキツラ・マサカツラ・今ツルマサキ、葛の一種常緑にして夏初と冬初に紅葉する者、夏白き花を開き小さな大角豆の如き子を結ぶ、其の蔓を砕きて割れば白糸を束ねたるが如し、上代神事に蘰とす、

日蔭葛と同じきと、枎芳藤(本草拾遺)

植物学者はこの古文のマサキノカズラについて探索して、概ね次の三系統の主張が為された。

i. ツルマサキ(ニシキギ科) 貝原益軒<大和本草>、小野嵐山<重訂本草綱目啓蒙>、

ii. テイカカズラ(キョウチクトウ科) 賀茂馬渕<冠辞考>、平田喜信<和歌植物表現辞典>、白井光太郎<樹木和名考>、牧野富太郎<>

iii. サンカクズル(ブドウ科) 細木末雄(古典の植物を探る)

その他、ヒカゲノカズラ・ソケイなど挙げるあり。ところで、トコロカズラがマサキノカヅラで有るという理由を推量するに、冒頭の古事記07-1133歌で、”いや常しく”と、即ち常緑であるべきに拘わらず、トコロズラは冬に葉が枯れ落ちる矛盾を突いたものである。そして”皇祖神スメロギ”に関するかづらとして古事記にもあるマサキノカズラが登場した。

ところが、マサキノカズラの茎蔓はが剛直で髪を結ぶに適切でない、よってテイカカズラ論が現出したと考えられる。皇祖神は天皇家の祖先であり、常に栄えるものであり、落葉するとはとんでもない不敬事であると、この論議が為されたのは貝原益軒(1630~1714)・賀茂馬渕(1697~1769)など丁度、国文学が奨励され幕府の改革が起きた頃である。次の時代は白井光太郎・牧野富太郎・松村壬三博士といった蒼蒼たる日本の植物学者が学理的に研究発表した大正~昭和初期で、やはり勤皇思想が背景に忍んでいた。

<書言字考節用集>

辟茘マサキノカズラ 真薜葛マサキノカズラ

本名木蓮、本草四時不凋、厚葉堅強大干絡石、不花而実者、

:

薜茘は素馨ソケイに当てられた名前である。ソケイJasmium officinale f. grandiflom はインド原産で、この花からジャスミン油を採る。

<倭訓栞 前編29 末>

まさきのかづら 古語拾遺に真薜葛と書り、古事記に天之真析と見湯、されど真栄の義なるべし、常葉に栄ゆる葛なり、神事に専ら用いるは、真幸の義とも取るなり、延喜式に真前葛と見え、日本紀の歌にまさきづらと読み、万葉集に冬薯蕷葛ヒサキツラまた冬薯蕷都良マサキツラとも書けり、いや常トコ式にとも、尋ツキて行ければしもつづれるは常盤に長くはひ続くをいふなり、辟茘也といへれど辟茘はいたび也。杜中トチュウ・マサキの葉に似て小に蔓延するもの一種ありて、蔓甚だ長く、皮中に木綿あり、仙覚はサネカズラと訓じたれど、古今六帖にマサキカツラとて、万葉集の歌入れたり。

<冠辞考 9>

まさきかずら

まさきかずらの事は、万葉にいや常しきと読み、冬薯蕷葛とも書き吊れば、常に栄ゆる葛なるしるし。さてその常葉なる故に真栄葛柄と云を略してまさきかずらといふ也。…古今集に み山には霰ふるらし 外山なる まさきのかずら 色づきにけり と読みしは、全て常葉なる草木も、冬の初めには去年のふるはの色付き落ちるものなるが、ことに山の岩木などに纏へるとこはかずらの葉は 南天燭に似て黒みあるが冬の始めに古葉の柄もいは紅モミづる侍利、是ぞ山t行く時専ら目に付て身ゆれば、右の如くはよみつらん、此れを思ふにこのかづらをまさきかずらと言て、さて神事には用いつらめと覚ゆるなり

<大和本草>

正木のかづら 其の葉花実ともにマユミに同じ、只其のカツラ甚だ長し。皮の中に糸ありマユミの如し、漢名知れず、是杜中トチュウの別種なるべし。

<大和本草批正>

柾木のかずら、ツルマサキとも言い、まさきと同じく蔓生す。経年のものは蔓ふとさ三寸許、冬月かれず、花実ともにマサキに同じ、扶芳藤なり。

<重修本草綱目啓蒙>

扶芳藤 マサキノカズラ、ツルマサキ、ツタマサキ、 葉花実共にマサキに異ならず、樹上に蔓延し、四時翠、これ藤本のマサキなり。

植物

ニシキギ科 Celastraceae

世界に約45[500]

クロヅル属 Tripyterygium {3~4}[2]

クロズル コバノクロズル

ツルウメモドキ属 Celastrus {35<}[5]

イワウメズル ツルウメモドキ オオツルウメモドキ テリハツルウメモドキ

モクレイシ属 Microtropis {25}[1]

モクレイシ

ハリツルマサキ属 Maytenus{200}[1]

ハリツルマサキ

ニシキギ属 Euonymus {220}[18]



ニシキギ節Sect. Melanocarya

ニシキギ、リュキュウマユミ、ヤンバルマユミ


コクテンギ節 Sect.Multiovatus

コクテンギ


マサキ節 Sect. Ilicifolius

マサキ、ヒメマサキ、ウルマサキ、


マユミ節 Sect. Eunymus

マユミ、ビゼンマユミ、ムラサキマユミ、アンドンマユミ、サワダツ、ツルマサキ


ツリバナ節 Sect. Uniloculares

ツリバナ、アオツリバナ、コロツリバナ、ヒロツリバナ、オオツリバナ 

ニシキギ属 Euonymus

北米・中米・欧州・アジアの温帯~暖帯に生ずるg高木~低木or蔓性で、ほぼ150種。花は4or5基、花盤が発達し雄蕊はその淵に着く。子房は蜜盤とくっつき45室、蒴果となる、各室に1~2個の種子があり、種が美しく色づくのが特徴であるが、それは正確には仮種皮である。

ツルマサキ Euonymus Fortunei Hand.-Mazz… ( E. aponicus Thunb. var. radicans Miq., E. repens Carr, E. radicans Sieb,ex Miq., Elaeodron Fortunei Turcz, var, radicans Rehd.,)

サキノカズラ、クソマユミ、ハイマユミ、マユミカズラ、カムイブンガラ、ツルマサキ、ツタウルシ、アオツタ、ツタマサキ、マサキヅラ、*ツルサチョルナム)

扶芳藤、莫辟葛、真辟、正木葛、杜中、薜茘、杜賛、巴山虎、鬼饅頭、木饅頭、

北海道・本州・四国・九州・朝鮮の山地に産し、時に相当の太さのものもある。常緑伏生蔓性、径0.20,25m,枝は緑色で丸く、細瘤点があり、茎より細根を発し、纏絡いて上昇する。全株無毛、葉は対生、楕円形、やや厚質、下面帯白緑色、鈍鋸歯、長さ1~4cm23cm,で秋はやや紅葉する。花は六七月、萼弁とも4枚、雄蕊は4、花盤を抱く。果実は4個、田字型に並びつく。径56mm秋季熟すると果皮の背が割れ、黄赤色の仮種皮を蒙った種子が出る。古文で「マサキノカズラは色付けにけり」と言っているのは、紅葉でなくこの種皮の色をさしたものである.マサキとツルマサキは蔓性であることをを除いてよく似ているが、仮種皮はマサキの方は赤紅色である。

補注

1. 幹から細根を出して、岩・樹に絡み、攀じ登る。

2. 水平に出た枝の葉は際立ってに大きい。

3. 園芸種があって、葉が斑入りや覆綸種がある。

変化種

ヒロハツルマサキ f. Carrierei Rehd,

チダシツルマサキ f. rugosus Hara

ツルノキンマサキ f. auro-variegatus Makino

古典

<新古今和歌集>6-574

神無月 しぐれ降るらし 佐保山の まさきのかずら 色まさりゆく

読人不祥

5-538

松にはふ 正木のかづら 散りにけり 外山の秋は 風すさぶらむ

西行

<和泉式部集>

神山の まさきのかずら 来る人ぞ まづやひらでの 数はかくなる

<山家集 秋歌 >

松にはふ まさきのかづら ちりぬなり 外山の秋は 風すさぶらむ

<夫木和歌抄 15 6>

(まさきのかずら)の題を立て


葛木や まさきの色は 秋にして よその梢は あをになる哉

西行上人


外山まで みやまのあらし 分けすぎて まさきのかづら 秋風ぞ吹く

後鳥羽院宮内郷


ゆうされば 色こそみえね 音羽山 ちるやまさきの 紅葉なるらん

源 頼綱


外山の日も ゆふこりの しもと結ぶ まさきのかずら いまやそむらん

順徳院

33-15>

恋衣も色に出でじ しもと結ぶ まさきの綱の 夜の時雨に

藤原道家

<後選和歌集 15 >

家に行平朝臣まうできたりけるに、月のおもしかりける夜 酒などたうべて、まかりたたらんと しけるほどに


てる月を 正木のつなによいかけて あかず別るる人を つながん

河原左大臣


かえし

限りなき 思いのつななくばこそ 正木のかつら よりもなやまめ

行平朝臣

<続後選和歌集>

外山なる正木のかづら 冬くれば 深くも色のなりにまさるかな

和泉式部

<現存六帖>

山深き まさきのかづら くる人の とふにつらさの露ぞこぼるる

成美

<風雅集>

眺めやる まさきのかつら 散りはてて 目に懸かるべき物だにもなし

慶政上人

<十六夜日記>

十九日 すのまたとかやてふ川んは 舟をならべて、正樹の綱 爾やあ蘭、懸け止めたるうきはしあり、いとあやうけれどわたる。

用途

神事の献花用

庭園樹・観賞用