Ad-09. しば

123

Ad-09. しば 志婆 ()

() シバ                         

漢名: 結縷ケツル草 

[万葉集記事]

()

05-0886

11-2770

の2首

() みちしば

06-1048

11-2777

Ad-08 に上梓

()

04-0513

04-0529

07-1274

08-1643

11-2770

12-3048

14-3355

14-3488

20-4350

() 05-0886

宇知比佐受… 玉鋒乃 道乃久麻尾尓 久佐太袁利 志婆刀利志伎提 等許自母能 宇知許伊布志提 意母比都々 奈宜伎布勢良久 国尓阿良婆…


うち日さず… 珠鉾の 道の隈見に 草手折り 柴取り敷きて 床じもの うち臥い伏して 思ひつつ 嘆き臥せらく 国に在らば

注釈

0885 に筑前国守山上億良が「敬和熊凝其志謌上六首」とし て0886 0891 に大伴君熊凝が身故した時の歌を集禄したもの、実は僧仙覚が整理したものらしい。

うち日さず=枕詞

隈廻り=まがった隅

床じもの=床のように  

() 11-2770


道辺乃 五柴原能 何時毛々々々 人之将縦 言乎思将待侍


道の辺の いつしば原の いつもいつも 人の許さむ 言ことをし待たむ

注釈

いつしば原=イツは繁茂しているとの意、ここではいつもいつもを導く序に使われる。

11-2776 道の辺の 草を冬野に履み枯らし われ立ちまつと妹に告げこそ

[概説]

集では、シバに志婆また柴の字を使い、芝の字は見当たらない。現代では芝は草丈の低い草本、柴は潅木、と別々に専用されているが,集では両方とも柴であって格別の区分けは無い。利用面からみると、芝は此の上に寝てクッションとするものであるし、柴は燃料である。而して、吾人が今日 芝 と称するのはスポーツ場や庭園に植栽されて刈り込んだイネ科シバ属zoysiaのことである。このシバは当然日本にあったと思われ、そして古来、山野路傍に生える雑草のことをなべて志婆と言ったようである。然し、日本には古代に放牧のための牧場は無かったし、人間の遊びのために作られた広大なゴルフ場は近代に造園されたものであるから、吾人が見ているシバなるものは万葉時代と異なる生態を採っていたかも知れない。

万葉集のシバに関して、柴と芝が混有するのであり、これを仕別するには掲上歌を熟読してその歌意から判定するより仕方がない。冒記の()の九首は柴であるから除外し、原漢文で道芝ミチシバと読める()06-1048, 11-2777は芝であるとして、Ad-8に纏めたところである。巻11の寄物陳は柿本人麻呂の歌集と推量されるのであるが、11-274811-2777の三拾首に 刈るべき草は「葦・蘆・浅茅・有間菅・穂蓼・山沢恵具、岩本菅、白菅・小菅・薦・畳薦・夏草・五柴・」を拾うことが出来、而して是等はすべて敷物にする目的である。依って() 05-088611-2770 の2首は芝と推定してよい。

芝は、ゴルフ場を初め、サッカー場、テニスグランドなどに植栽されるほか、公園・遊技場のグランドカバーグラスに多用されている。個人の家庭でも少し裕福なれば安息のための芝庭を求めるようになる。このシバが定着すると、主人は芝刈りに忙しくなる。はじめは運動のためと嘯いているが、案外雑草とりなど手間が掛かるのであり、安息どころでなくなる。普通芝(grass ;lawn ;turf)と称する植物はイネ科のシバ属ZoysiaのシバZ. japonicas Steud.ならびにコウライシバZ. matrella Merill var.tenuifolia、コウシュンシバ(ハリシバ)Z.matrella Merr.であるが、ほかには野生種のオニシバZ. macrostachya Franch et Sawatがある。日本産の芝は冬季に地上部が枯れてしまうので、西洋芝(ベントグラス)を混植したりする。ベントは正確にはシバ属でなく、元来外国で牧草として育成されていたBentgrass astria., B.highland.,またBermudagrassである。ゴルフ場の冬季のグリーンは11月~4月ベントであり、夏季はコーライに交代するが、ベントはボールが走り、コーライは目がきつくて曲がりそれなりにプレイに苦労する。最近は交配されたゴルフ場専用の種があるらしい。広大な敷地でシバを張ると、病虫害の発生に対し撒布する薬剤も馬鹿にならず、これが雨水で付近の河川に流れ込み薬害を及ぼすと聞く。

シバと名前が付く植物はオヒシバEleusine、メヒシバDigitaria、トダシバArundinella、ハイシバLepturus、ウキシバPsudoraphis、オヒゲシバChloris、ギョウギシバCynodon、チカラシバPennisetumなど数多くあリ、それらは小型のイネ科植物である。本書では、これら全部を詳解する訳にゆかず、道柴をチカラシバと纏め、志婆をシバを以て代表させたが、これは必ずしも適確でない事は十分承知している。

さて、シバの語源は、(i)繁った葉シゲハ名言通] (ii)重葉シバの義[言元梯] (iii) 小葉サバの言転[和語私臆抄] (iv)その上に座る敷葉シキハ[日本釈名]などいろいろ云われているが、適格な指摘ではない。因みに〈芝〉なる字は、中国で天帝の宮庭に生える瑞草に当てたので、これは霊芝{万年茸と称するキノコの一種で、漢方では不老不死と称し、高価。}のことである。

[植物]

シバ: Zoysia japonica Steud.; Z. pungens Willd. var. japonica Hack.; Z.koreana Mez.

日本全土の丘陵草原に自生、また芝生として栽培される多年草で冬季は地上部は枯れる。地下に長い根茎があり、その一部は木質化しており、節部から地表に稈が出る。稈は高さ510cm,葉身は長さ310cm26mmで、葉舌はなく、葉鞘端に長毛がある。花期は56月、総状花序は長さ35mm、巾2.53mm、小穂はゆがんだ卵形で長さ3mm,1.21.5mm程度、1小花よりなって光沢に富む。頴は第二苞頴と護頴のみ残り他は退化消失している。

補説

コウシュンシバ: 葉は細く縦に織り込まれ、花序は巾3mm以下で帯白緑色

ギョウギシバ: 葉が細くて長い、花補は傘状で数本でる。 

シバ類は、茎の節間が短・中・長の3節が1組になってこれを繰り返し伸長する。各節毎の半対側に出葉するが、その基にオーキシン(植物ホルモン)を出すのでその部分で茎は曲がる。第1節 () の基部の節から分岐の新芽及び根が生える。若し芝刈り機で切断した時は第2節からも新芽が出る。

コウシュンシバ Z.matrella: 九州・琉球の暖地の海岸に生え、ときには栽培される。

コウライシバ: Zoysia tennifolia Willd.ex.Trin.; Z.matrella Merill. Var. tenniholia

日本全土(南方性)に自生する。葉は内折して糸状に細くなる。地下茎は地上に出て這う。繊細で美しいので、庭園に植栽される。

オニシバ(ノシバ): Zoysia macrostachya Franch.et Savat

シバより大型で粗剛な感じがする。花は68月出穂、花補は長さ34cm,68mm、小穂は長楕円形で長さ68mm2mm程度。

ナガミノオニシバ: Z. sinica Hance var. nipponica Ohwi

古文

<源氏物語 明石>

なごり猶寄せ帰る浪荒き柴の戸おし開けてながめおはす

<お伽草紙>

敦盛 都あたりにしばのいほりを結び

<山家集 下>

みやこちかき小野大原を思い出るしばのけぶりのあわせなる哉

<後鳥羽院集>

おりくふる柴の煙のたえだえに麓の岡にむしぼれてゆく

<徒然草66>

武勝が申し侍りし柴の枝、梅の枝、つぼみたると散りたると

175>

旅の仮屋野山などとは御肴なにかななど云いて芝の上にて飲みたるもおかし

<前田本枕>

草はしばいとおかし まろとすげつばないとおかし

<平家物語 4

橋合戦 平等院の門なる芝の上に物具をぬぎすて

用途

庭園・公園・スポーツ場のカバープランツ。


(志婆) シバ; 柴フシ・布斯 粗朶

漢名:

[万葉集記事] 

04-0513

04-0529

07-1274

08-1643

11-2770

12-3048

14-3355

14-3488

20-4350

() 04-0513

志貴皇子御歌


大原之 此市柴乃 何時鹿跡 吾念妹尓 今夜相有香裳


大原の この市芝いつしばの 何時いつしかとわが思ふ 妹に今夜こよい逢えるかも

注釈

大原=奈良県高市郡明日香村小原らしい。

市柴=茂った灌木

何時しか=いつであろうか

() 04-0529

また大伴坂上郎女の歌


佐保河乃 涯之官能 小歴木莫苅焉 在乍毛 張之来者 立隠金


佐保河の 岸のつかさの 柴な刈りそね 在りつつも春し来るらば 立ち隠れるがね

注釈

涯のつかさ=涯をキシと読む例:名義抄、ツカサは小高い所

小歴木=小さいクヌギ=柴

ソネ=軽く嗜める詞。

がね=~になるだろう

() 08-1643

若櫻部朝臣君足雪謌一首


天霧之 雪毛零奴可 灼然 此五柴尓 零巻乎将見


天霧らし 雪も降るらぬか いちしろく このいつ柴に降らまくを 見む

注釈

天霧らし=天を曇らせて

いちしろく=はっきりと

いつ柴=茂った小木

ふらまく=降らるのク語法

() 12-3048

物陳


御獦為 鴈羽之小野之 橡柴之 奈礼波不益 恋社益


御猟みかりする雁羽かりはの小野の橡なら柴の馴れは益まさらず 恋こぞ益れ

注釈

雁羽の小野=地名?不明

橡柴の=クヌギなれども、ここでは「馴れ」に類韻するナラにかかる。

益する=~より優れる。

  

() 14-3488

相聞


於布之毛等 許乃母登夜麻乃 麻之波尓毛 能良奴伊毛我名 多尓伊弖牟可母


生おふ楉しもとこの本山もとやまの真柴にも 告らむ妹が名象なかたに出でむかも

注釈

楉=若い木

真柴=柴の美称

象=占で、鹿の骨を焼いて現れた像形のこと、

集で詠む「しば」には芝と柴がある。芝は草の雑草とすれば、柴は是に対する木の雑木ともいうべきか。

古語で、柴のことを フシ・ソダとも(布斯・府璽・粗朶・伏柴)、漢語で萊草・柴薪・榾柮・檮杌・薪樵etcと書いている。柴は「昔々、お爺さんが山へ柴刈りに~」と庶民は親しみを以って接していた。主に燃料に、幾らかは柴垣に用途があったが、現代は家庭燃料の体質を変えているので、全く山へ柴をとりに行く事は無くなった。柴刈りは手鉈や鎌で切り取れる程度の雑木を伐採するのであり、却ってその程度の間伐は里山を健全に育成する為に都合がよいのである。芝と柴の区別は自明のことであり、例えば<大言海>に次ぎのように解説している。

萊草: 繁草の意か萊藜也 荒地に生える藜アカザ・莠ハグサの類の雑草なり.志婆草・志波

: 繁葉草の意か 芝の名は瑞草の名に当たらず。細小なる蔓草の名、蔓の地に付く処、皆細根を生じ延いて織るが如し、糸薄の秧芽ワカバエに似て、枝椏無し、根細く相延結す、秋細き茎を出し穂をなす。tちゃひきぐさの穂の如くにて細し、庭地築山をなして布植えて美、結婁草、その一種更に美なるは高麗芝また糸しばなり、粗大なるは鬼芝なり、

: 繁の略と云う、関東ソダ、加賀ホエ、丹波オドロ、朝鮮語シャブ 説文 小木散材 礼紀 月令篇収秧薪柴 注大而可折者、謂之薪小而来者謂之柴、 山野の雑木又其枝などを伐りて垣に結ぶ物

里山での柴刈りは、農民の厳しい生活の内でも心晴れるものであったに違いない。何となれば、収穫の一応終わった頃、灌木の紅葉が落葉し、気候もよく見晴らしの良い里山での作業である。雑木とは具体的に云えない位、多種に亙るのであるが、この作業から考えて選抜すれば、①灌木で、シュートのような真っ直ぐなもの。②落葉樹の方が良く、落葉が終わった後。(ただしスギ・マツの枯木は燃料によい)、③かぶれなく、刺がないもの。蔓物は好まれない。

雑草につぃては書物も出版されている位普遍しているが、雑木なるものは定義さえ決まっていないのであるけれども、雑草同様、観察するに十分値するものである。例示すれば、歴木をシバと読ませる場合のある如く、ブナ科のクヌギの類はシバの代表であろうし、その他雑木をピックアップしてみると、

スイカズラ科

ガマズミ

Viburnum dilatatum Thumb.

クマツヅラ科

ヤブムラサキ

Callicorpa mollis Sieb.et Zucc.

ハイノキ科

サワフタギ

Symplocas chinensis Druce var. leucocarpa Ohui

ツツジ科

シャシャンボ

Vaccinium bracteatum Thumb.

クスノキ科

アブラチャン

Lindora pracox Blume

キブシ科

キブシ

Strachyurna praecox Sieb.et Zucc.

バラ科

サンザシ

Crataegus cuneata Sieb. et Zucc.

カエデ科

チドリノキ

Acer caroinifolium Sieb. et Zucc.

クワ科

ヤマグワ

Morus bombyecis Koidz.

ミズキ科

ハナイカダ

Helmingra japonica F.G.Dietrich

<書記>

巫覥等、枝葉シバを折り取りて、木綿を懸掛けて

<源氏・須磨>

海士の塩焼くならむと思し召しわたるは、おはします後の山に柴といふものふすぶるなり。

明石>

なごり猶寄せ帰る浪荒き、柴の戸おしあけてながめおはします

若紫>

同じしばの庵なれど、少し涼しき水の流れも、

<方丈記>

東に三尺余の庇をさして、しば折くぶるよすがとす。

<山家集 下>

みやこちかき小野大原を思出るしはの煙のあわれなるかな

<源平盛衰記>

里遠く、人も通わぬ柴の戸にあやしや誰かこととわん

<平家物語 潅帳>

いにしへも夢になりにし事なれば柴のあみ戸もひさしからじ

<増鏡>

柴のいおりのただしばしと、かりそめに見えたる御やどなれど

<お伽草子>

都あたりに柴の庵を結び

<栄花物語>

年頃送りし芦の宿、柴の扉もげに住吉に造りて

<金比羅本平治>

常葉落ちらる事落ちる涙も降る雪も左右の袂に処せく、柴の網戸に顔をあて、

<新古今和歌集6-688>

狩りらし交野の真柴 折りしきて 淀の川瀬の 月をみるかな

藤原公衡

10-974>

また越えむ 人もとまらばあわれ知れ わが折りしける 峯の椎柴

権僧正雅縁

<夫木和歌集>

うだの野や枯葉かくれ ふす鳥の 飛び立つばかり、降る霰かな

藤原行家

<拾遺愚草>

滝の音 嶺の嵐もひとつにて うちあらはるる 柴の垣かな

藤原定家

<壬二集>

柴の戸も 明け行く山の 嶺なれば 軒にわかるる 横雲の空

藤原家隆